×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

境界性人格障害 治療

境界性パーソナリティ障害(人格障害)チェック

境界例 治療 チェック

 

 あなたにはこんな悩みがありませんか?

 

 

些細なことにひどく怒ってしまい、感情を抑えられない

 

感情がコロコロ変わって自分でも疲れる

 

変わりたいのに変われない

 

周囲に理解してもらいたいのになかなか理解してもらえない

 

見捨てられることを極度に恐れ、なりふりかまわない努力をする

 

浪費、過食、無謀な運転、ドラッグの使用、性的逸脱行為

 

パートナーや家族に対し、自殺予告を頻繁にしてしまう

 

自傷行為(リストカット、薬を大量に飲む)がやめられない

 

 

 

これらは、境界性人格障害という病気の症状です。

 

※境界性人格障害は、正式には境界性パーソナリティ障害といいます。

 

 

でも、ご安心ください。

 

 

同じ症状で悩んでいるのは、あなただけではありません。

 

 

頑張らないで、まずは私の知っている方法を試してみませんか?

 

 

 


 


▼自律神経失調症・パニック障害改善プログラム▼

境界性人格障害とは?

 

境界性人格障害は、正式には2003年に『境界性パーソナリティ障害』と呼称が変わりました。

 

境界型パーソナリティ障害、あるいは英名からボーダーラインボーダーなどとも呼ばれています。

 

旧来の疾患概念である境界例(きょうかいれい)とは正確には違いがあるのですが、一般的に境界例と呼ばれる場合は、境界性パーソナリティ障害を指す場合が多いです。

 

 

上記に箇条書きしたような、

 

感情と思考の制御ができなくなってしまったり、それに伴うコミュニケーションの障害、そして衝動的な自己破壊行動を起こしてしまうこともある障害です。

 

青年期または、成人初期に生じてくる不安定な自分&他者のイメージを持つことが多いようです。

 

空虚感と無力感により、抑うつ状態が起こり、その際に自己破壊的行為を起こすことがあります。

 

同じ境界性人格障害でも患者によって違いがありますが、概ね、

 

 

抑うつ状態
(うつ病に準ずるような精神的に不安定な状態)

 

衝動性

 

精神病症状

 

 

のどれかが目立つようになります。

 

 

わたしは最初の頃、「抑うつ状態」と診断されたことがあります。

 

「抑うつ状態」になると,他人に迷惑をかけられないと思って、自分自身をますます精神的に追い込んでしまいました。

 

でも、わたしは色々な失敗を経て、自分で克服する方法を学ぶことができました。

 

 

 

人格障害という言葉

 

人格障害という言葉は、もともと「Personality Disorder」という英語の日本語訳として使用されはじめました。
しかし、「人格障害」という言葉は、どこか人間の根幹にかかわるネガティブなニュアンスが感じられるため、近年では「パーソナリティ障害(パーソナリティ機能障害)」と呼ばれるようになりました。

 

そもそも、人格障害における「人格」は、人間としての質が高いとか立派であるという意味として使われてはいません。人格障害は、社会通念や常識を超えて、物事の考え方や行動パターンが非常に偏っているために、対人関係のトラブルや日常生活に支障を来たす状態のことをさします。

 

 

自分でできる境界性パーソナリティ障害の治療

DSM-IVに沿った生活の知恵